2017年06月30日

◆お引越しのお知らせ

『漫画好き過ぎるBlog』ご覧の皆様、こんにちは。当ブログ管理人の棚傘です。

長きにわたってブログを閲覧頂きありがとうございます。この度、当ブログはお引越し&リニューアルすることになりました。移転先は『マンガを読み続けるBlog』https://mangayome.com】です。

いままでseesaaブログさんにお世話になっておりました。仕事や私生活と両立させるために、気軽に無料ブログで続けてまいりましたが、続けるうちにブログデザインも自分で構築してみたくなり、鯖借りてwordpressいじってみることにしました。情弱極まりない自分がブログ運営できたのもseesaaブログさんのおかげです。ありがとうございました。

マンガは好きで読んでいることですしブログ更新も同様なのですが、どうも私生活で忙しかったりうまくいかなかったりすると、ブログ更新が義務的に感じてしまうことが、何度かありました。漫画を読むことから離れた時期もありました。読んでいてもブログ更新から離れた時期もありました。何かを書こうとしても、言葉が何も出てこない時期がありました。それでもなんだかんだで戻ってきました。たぶんこれからもそういうことがあると思います。それでも、また戻って来れる、戻ってきてこれからも漫画を読み続けるんだという覚悟のようなものを新しいブログのタイトルに込めました。何事もやるのはさほど難しくありませんが、やり続けるのは大儀であります。私はブログを移っても漫画を読み続けます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。それでは次のブログ、次の漫画でお会いしましょう。


『漫画好き過ぎるBlog』管理人 棚傘




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

【漫画感想】HUNTER×HUNTER 34巻(冨樫義博)


516oZuuWhfL.jpg


少年漫画界の至宝『HUNTER×HUNTER』の最新34巻が発売されました。2016年6月に33巻「厄災」が出てから一年ぶりの刊行です。34巻「死闘」にはNo.351死闘からNo.360寄生までが収録されています。主な内容は、クロロvsヒソカのバトル、そして暗黒大陸への出港 の2本立てです。特に、前者の戦闘は、能力系バトルの頭脳戦として漫画史で1、2を争うほどのエピソードです。複数ある能力をどんどん明らかにしていくクロロ。それを聞いて相手の手順を推理しながら、動きを読み対応していくヒソカ。その読みは合っているのか。作品内で最強かつ最狂な2人が交差するその結末は、、、。

戦闘中、語り部としてヒソカが使われていることで、ヒソカの思考を読者はトレースできます。とても複雑な心理戦の駆け引きですが、ヒソカ思考をベースに理解しやすく演出されているのは流石です。線画の書き込みはさほど多くありませんが、戦闘する2人と観客たち100人からなる非常に多くの人物を、見やすく、動きを感じられる画になっており、省かれた線すら動きを表現する演出に感じられます。線、カメラ視点、擬音、ひとつひとつに富樫先生の念を感じます

動きの激しい前半の戦闘パートとはうってかわって、後半は静かな展開が中心になります。クラピカの静かな思考、判明した情報と自らの能力を根拠とした推理。ハンターは戦闘だけでなく、こういう展開のファンも多く、ハンターだなぁ!富樫だなぁ!とワクワクしてきます。

巻末には、富樫先生自らによる「クロロvsヒソカ解説」が収録されています。2人を戦わせた理由、あの展開について、これからについて、作劇マニュアルと勘、たった2Pの短い文章の中に富樫ファンが知りたかったことがつまっています。漫画家が文章で答えや理由を語るのは少しズルい気もしますが、ファンなので細かいことは気にしません!もっと教えてくれ!!

少年漫画の生ける伝説『HUNTER×HUNTER』。休みながらも長期間連載が続いているため、一度離れると復帰しにくい作品でもあります。数々の伏線、魅力的なキャラクターなど続けて読むことで深く味わうことができる作品です。現在Kindleで各章1巻分程度無料で読めます。途中で脱落してしまったエピソードから復活してみるのはいかがでしょうか。また、ジャンプの連載は、ちょうどこの34巻からの続きになります。この伝説を追わないのは勿体無い!あなたも漫画界の暗黒大陸に、足を踏み入れてみませんか?








posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

初見の男性にこそキンプラを見てほしい ≪KING OF PRISM -PRIDE the HERO-≫


 無題.jpg



6/10公開『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』をさっそく見てきました。初日だし混むかな、女性陣が満員の中にもぐりこむのはいささか気が引けるな、とかいろいろ考えたのですが、我慢できずに見に行くことに。夜しか時間が取れず、TOKYO MXで19時から前作キンプリ特番を放映しているのと被るから見れないなぁと悩んでいたところ、映画館近くのネカフェで見てそのまま映画館へというウルトラCを思いつき実行しました。人間、真剣に悩むべき問題に直面すると脳が活性化しますね。

ネカフェの個室でヘッドホン装着し、キンプリを視聴。うわああ、これこれ、これだよ、となんか孤独のグルメみたいなことつぶやきながら大興奮で、ネカフェを後にし映画館に向かいます。事実上の2作品連続上映会です。しかも、キンプリをこの特番で初めてみた友人が「これ続き見たい。いますぐ」と言って映画館に来たので合流。フットワークが軽い、いやキンプリが彼のフットワークを軽くしたんでしょう。プリズムのかがやきにいざなわれた30代男性2人が目をキラキラさせながら、土曜夜の川崎シネチッタに降り立ちました。




何を言ってもネタバレになりますし、何よりできるだけ新鮮な気持ちで見てほしいので、少しでも気になった方はすぐにでも映画館に足を運んでほしいです。プリティーリズムなどの設定を使ったファンに嬉しいところが多く、逆に新参者に厳しいとも言われていますが、自分はそんなに感じませんでした。自分は前作キンプリとレインボーライブだけしか知らないので、オーロラドリーム・ディアマイフューチャー(やその他)に関わる部分は気が付けなかったと思うのですが、それはそれで楽しめました。そこの関連性を知らないと楽しめないシーンはほとんどないように思えます。歌とダンスの圧倒的なスピード感があるので、そんなの考えている暇ないからです。おそらくレインボーライブ繋がりネタもせいぜい半分しか拾いきれてないでしょう。関連ネタ拾いは、この作品の本質ではないと思います。

それより圧倒的な映像美、キャラクターたちのプリズムのきらめきがスゴイんです。正直、前作をこの点で超えるのは難しい、似たような感じだとファーストインパクトは超えられないだろうと心配していたのですが、全然そんなことなかったです。当たり前のように100倍くらいにパワーアップしてました。


 ≪ここがこうスゴイ!みたいな文章を10行くらい書いてからさすがにネタバレが過ぎるなと消しました≫


とにかく多くの人に見てほしい作品です。女性向け扱いされていますが、男性もかなり楽しめます。男キャラしかいないのがやだ?大丈夫です、性別とかあんまり気にならなくなります!!みんなかっこいいしかわいいんです。 アイドルライブとか軟派なのは嫌い?大丈夫です、すんごいバトルシーンがあります!!バトルシーンだけ抜き出してPS4の最新ゲームって言っても通用します。 女性ばかりの中に混ざるのが恥ずかしい?大丈夫です、前作のヒットを受けて、上映館、回数もかなり増えています!! 特に応援上映や舞台挨拶回にコアな女性ファンが集中するので、通常上映だと男が紛れても不自然じゃありません。実際私が見た回も1割ちかくは男性でした。

キャラが男性ばかりで女性向けだから見ないってのは、もったいないです。この表現あまり好きじゃないのですが、キンプラなら言える!

 キンプラみないと人生損してる!!!


この映像を浴びる体験は、少なくともアニメ見てる人間だったら絶対に得るものがあります。是非、ネタバレされない熱いうちに、キンプラ味わってください。



posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

【漫画感想】ハレ婚。12巻(NON)



51nGTo2dbcL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg



一夫多妻が許された町という設定のセクシーラブストーリー『ハレ婚。』の12巻が発売されました。いままでは龍之介に嫁いだ3人の女性を中心に描かれてきましたが、女子高生うららの登場で、雰囲気がガラッとかわりました。セクシーな描写が売りの作品でしたが、うららはとてもピュア。うららには好きな人が居ますが、既婚者です。一夫多妻は許されていても、許されてない恋もある。道ならぬ恋と少女という、新しいテーマが提示され、物語がキュッと引き締まりました。

NONさんの非常に繊細でセクシーな作画ができる漫画家なので、そこにクローズアップされた作品が多いです。しかし今回は、うらら編で新しい一面を見た気がします。もちろんこの作画は魅力的なので、セクシーな展開も維持しつつ、様々な展開で魅せてくれることを期待しています。




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【漫画感想】ポプテピピック SECOND SEASON (大川ぶくぶ)



51aIW7hmyYL.jpg



竹書房が生んだ核弾頭『ポプテピピックSECOND SEASON が発売されました。まんがライフWINに連載していた(一応終了の体をとっている)ポプテピピック SECOND SEASON をまとめた単行本です。衝撃の開幕、☆色ガールドロップもフルカラー収録されています。ちゃんとページめくったらあれが居てびっくりしたと同時に「これちゃんと単行本化されたときのページ数計算して描いてるんだな」とどうでもよいところで感心してしまいました。

流行りネタとメタと暴力と意味不明が余すところなく詰まっていて、全方位にケンカ売ってる内容となっております。人のふんどしでなんとやらとはこのことですが、面白いので許されるのか!?こんな漫画を面白く感じてしまう自分が悔しいです。個人的に好きなのは、「がんばるぞい」を無断使用しているやつを芳文社にチクる話です。ゲーム好きとしては、昔のスパロボ(たぶんF)の挙動を再現しただけの話着地をステップ射撃でずらす話レゲエファンがタオルを回転させながらシューティングゲームの自機になる話なんかも気に入っています。あと、何の説明もなく2人がブラシツールになる話なんかもあります。何を書いてるのかわからないと思いますが、全部ポプテピピック SECOND SEASON に収録されている話です。気になる人は買って読んでください。

まんがライフWIN連載時は、少しづつ更新されていたので休憩気分で1,2本読んでクスっと笑ったものですが、こうやってまとめて読んでみると、狂ってる、という感想しか生まれません。しかし、話題になっている流行りネタは確実に抑えていますし、先方が本気で怒るような茶化し方はしていないので、大川先生、実はべらぼうに頭がよくて綿密に計算されて描かれているのでは!?もしくはべらぼうに狂っているのでは!?というあまり真剣に悩みたくない二択で悩まされます。ちょっと考えさせる話から本当に意味のない勢いだけの話までいろいろあるので続けて読んでいても疲れないのが意外です。いろんな系統の話がミルフィーユのように重なり合っていて、飽きさせない工夫がされています。これも計算されているような気がして大川先生のことが恐ろしく思えてきます。

連載はいったん終了していますが、おそらくまた復活するでしょう。いつまでこの作風を押し通すのか、ネタは枯渇しないのか、どこかに訴えられたえられたりしないのか、ドキドキしながら
Third Seasonを待ちたいと思います。







posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする