2015年11月07日

【漫画感想】俺の姫靴を履いてくれ 1巻 (須河篤志)

 
 


      




美しい脚につい欲情してしまう靴職人の西村正助
それが原因で離婚を経験しており
そのために現在はレディースの制作を辞めています。
そこに、どうしても自分の靴を作ってほしい女子高生
転がり込んできて、、、、


「不器用な匠ちゃん」「つるた部長はいつも寝不足」の須河篤志が描くだけあって
女性キャラに妙な色気やフェチズムを感じます。
はじめ1話を読んだときに、「これで1話?」と思ってしまったのですが
2話以降、茜が出てきて加速度的に物語が進むのは心地いいですね。
今後も茜がこの店を(勝手に)ガンガン進めていきそうですが
どこかで主人公が前向きになる展開を期待しちゃいますね。
あと、若干嫉妬してる元妻が今度どう動いてくるか、、、、

まだ物語は始まったばかり、
今後の展開に期待の一冊です。





posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする