2015年12月10日

【漫画感想】お前ら全員めんどくさい! 4巻(TOBI)



     お前ら全員めんどくさい! (4) (メテオCOMICS)

webコミック誌コミックメテオで連載中の大人気ラブコメ
『お前ら全員めんどくさい』の最新4巻が発売されました。

また20話と、1巻一気読みも更新されています。
●#20嵐再び
http://comic-meteor.jp/data/omaera/0020/_SWF_Window.html
●1巻一気読み
http://comic-meteor.jp/data/omaera/0019sp/_SWF_Window.html


体育祭で國立先生と一緒に二人三脚をやることになった一宮カズミ。
練習を通して急接近するも、
他の生徒の活躍に目が行きがちな先生に嫉妬してしまいます。
体育祭後は、栗原リホのアプローチを受けたり、
史織のちょっかいを受け続ける國立先生。



気持ちに直感的に行動する生徒(リホ・史織)もいたり
自分の気持ちに戸惑って素直に行動できない生徒(カズミ・エイコ)も居たり。
國立先生を中心に四者四様のキャラクターが
時に繊細に、時にコミカルに動き回る様がとても見ていて楽しいです。

これまで様々なエピソードを積み重ねてきて
各生徒と先生の関係性は深まってきましたが、
また生徒間の仲も深まってきました。
お互いのことを考え、牽制したり、挑発したり
女子同士のやりとりも非常にかわいらしく
めんどくさい =(は)かわいい、が表現されています。


まだまだ続く、このめんどくさい生活。
これから大きく動くのか、
それともずっとこのままなのか。
まだまだ読み続けたい一冊です。


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする