2016年03月28日

【漫画感想】立-Ritz-(大和田秀樹)



立‐Ritz‐ (ビッグガンガンコミックス)



 「咲-Saki-」シリーズの問題作!
 “本格美少女麻雀漫画家物語(ガールズマージャンアーティストストーリー)"
  まさかの単行本化──…!!

  小林立が「咲-Saki-」を描く理由、
  それは行方不明となった父との再会を果たすためであった…!
  父が残した「宮永咲」の麻雀牌を握りしめ、
  彼女は今日も麻雀漫画界という名の戦場で描き続ける──!!




何度か短編が掲載されていましたが
集中連載を経てついに単行本化!
アニメ咲の主役声優の座をかけて
植田佳奈が伝説級の声優とバトル!!
はたして植田佳奈は、小林立は、そして作者の大和田秀樹は生き残れるのか!?(いろんな意味で



単行本化を待ってました!!
最初の短編見たのはいつでしょうか。
大和田先生の拡大解釈力が光る設定、
魅力的な登場人物、
当たり前のようにヤクザ風にされる竹書房、
どこをとっても最高です。

咲の小野監督は背が高いとか、
某伝説声優は麻雀好きとか
元ネタがあるので、
そこらへん知っている人はニヤリとできますね。

ふと思ったのですが、
実名【漢字フルネーム】使ってるのと、ムダヅモ風の表現【漢字苗字+カタカナ名前】のキャラと
わけてあるのはどういう感じなんでしょうかね。

許可取ったのと、無許可で使ってるのとかでしょうか?
竹書房会長など、「これはギャグですよー」っていう記号だという理解していますが。


ナンバリングがないので
続編はなさそうなのが残念です。
大和田先生は短編(短期連載)で
輝くタイプだと思うので
咲以外でもこういう感じの漫画読みたいですね。

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

【漫画感想】中原くんの過保護な妹 2巻(ほっぺげ)



中原くんの過保護な妹 2 (バンブーコミックス WINセレクション)

WEB漫画誌 まんがライフWIN で好評連載中の
中原くんの過保護な妹』の2巻が発売されました。

中原くんの過保護な妹』は
平凡な高校生の中原祐介と過保護体質な妹まりあ、
そして少しおかしい友人たちが繰り広げる日常系4コマ漫画です。

超過保護な妹まりあは、
家で兄の面倒みるだけで飽きたらず
学校でもついつい教室に様子を見に来てしまいます。
そのため祐介のクラスメイトにもしっかり認識されており
祐介は羨ましがられる始末。

この作品のおすすめポイントは
とにかく妹まりあがかわいい!ということです。
自分の気持ちに無自覚で自然に
当然とばかりに兄の世話をし続けるまりあ。
そんなに日常が繰り返されますが
いつか大きな転機が訪れるのでしょうか。
このまま続いてほしいような
関係性が変わってほしいような、ムズムズしますw

日常系ながら
今後の展開が楽しみな一冊です。


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする