2016年04月05日

【漫画感想】背すじをピン!と 4巻(横田卓馬)


背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~ 4 (ジャンプコミックス)



週刊ジャンプで大好評連載中の
競技ダンス漫画『背すじをピン!と』の最新刊が発売されました。

4巻では、市内ダンススポーツ大会が舞台になります。
土井垣ペアを追う八巻ペア視点のラテン部門と
主人公土屋ペア視点のスタンダード部門の序盤までが描かれます。

1位を獲るために秘密兵器を準備して試合に臨む八巻ペアと
一方初めて大会で4種目踊る土屋ペア、
対照的な4人が印象的に描かれています。

4巻は、1巻分まるごと大会なので
練習ではない本気のダンスシーンが目白押しです。
スピード感あふれる身体の動きが伝わってくる画が多く
大ゴマの使い方もダイナミックで
競技ダンスの迫力が伝わってきます。
自分は単行本派なのですが、これは雑誌サイズで見たかった!!
と後悔しました。もしくは完全版の発売はよww

宮大工や金龍院など、他のキャラクターの個性、ダンスも
ダンスシーンを通して伝わってきました。
横田先生ならではのキャラクターメイクだと思います。
今後さらに魅力的なライバルになって
つっちーたちと競うのがこれから楽しみです。


もう4巻、まだ4巻。
スポ根スポーツものの王道にして、変わり種。
これからのジャンプを背負う作品になりかけているすじピン。
今後の展開が楽しみです。




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする