2016年10月04日

【漫画感想】ニセコイ 25巻(古味直志)



ニセコイ 25 (ジャンプコミックス)




2011年から週刊少年ジャンプに連載していた
王道ラブストーリーがついに完結!

 千棘を探して思い出の地に集う一向。
 様々な思いを胸に、真実が明らかになる。
 思い出の女の子とは、あのペンダントと鍵とは。
 そして、楽が最後に選ぶのは、、、、。



パジャマな彼女。』や『恋染紅葉』など
ラブコメ新連載が押し寄せてくるジャンプラブコメ戦国時代を乗り越え
ジャンプのラブコメとして最長連載記録となった本作。

主人公と転校生のヒロインで偽の恋人を演じることになる、という
ベタで王道的な話を軸に、
魅力的なキャラクターを逐次投入し
つねに読者を飽きさせない展開が続きました。
文字通りキーアイテムとなる鍵とペンダントの持ち主や
幼いころに会って約束していたのはだれなのか、など
恋の行方以外にも気になるポイントが物語に散りばめられています。

作画部分では、
キャラクターの豊かな感情表現に目が引かれます。
笑顔、怒り顔、そして泣き顔。
ニセコイは台詞は読みやすくシンプルなのですが、
そのため表面的な感情を言うにとどまっていることが多いです。
(周りとの調和を大事にするおしとやかなキャラが多いのも理由)
その逆、表情作画でキャラの本当の気持ちを示している場面が
いくつかあり、そのギャップがとても印象に残ります。
好きなのか嫌いなのか。許すのか許さないのか。
二元論的ではない複雑な気持ちを台詞と作画でうまく表現しています。

そういった場面は全編を通して、何回かあるのですが
特に25巻後半、各人物が想いを吐露する場面では
その効果が素晴らしく発揮されています。
是非その表情と台詞に注目して読み進めて欲しいです。


週刊少年ジャンプ最長連載ラブコメのラスト。
千棘派の方も、小咲派の方も、是非最後まで受け止めてください。
























あ、自分は万里花派です。


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【漫画感想】Spotted Flower 2巻(木尾士目)



Spotted Flower 2 (楽園コミックス)




先日げんしけん2代目が完結した木尾士目先生の
パラレルワールドを描く『Spotted Flower』の最新2巻が発売されました。

妊娠中とはいえ、旦那と仲良くしたい奥様。
いままで様々な手を試してみましたがなかなかうまくいかず。
今回はついに、いけそうな作戦を思いつきますが
よりによって決行日は"予定日"に。


げんしけん2代目と同時進行で進んでいた本作。
コスプレ好きの友人や旦那と不思議な雰囲気の女性?など
どこかで見たような、知らない未来が
木尾先生本人によって紡がれています。

作中では各キャラの名前については全く触れてないので書きにくいですが、
明らかに波戸くんと矢島さんのような
カップルも出てきました。
こちらは編集イイダさんがお気に入りのため
今後も頻出しそうです。

ラストでついにご出産!
ということは、これで仲良しできる!?
今後は出産ものから、育児ものに変化していくのでしょうか。
今回単行本出るまで2年かかりましたが、
また3巻が楽しみな作品です。
posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする