2016年11月19日

板橋ザンギエフが魅せた神試合(Capcom ProTour Asia Finals)

本日、韓国でCapcomProTourAsiaFinals決勝トーナメントが開催されました。
結果としては、グランドファイナルはMOVとの死闘の末マゴさんが優勝しました。
優勝者のカプコンカップ出場権は繰り下がってグローバルポイント所持者に。

しかし、今大会のベストバウトは、マゴでもMOVでもありません。
結果は5位でしたが、現在ほぼ唯一のザンギエフ使い、板橋ザンギエフ(又の名を板Zという)です。

Top8LosersのHumanbomb戦、
立ち回りで圧倒的不利な春麗相手に、
立ち回りだけで完封されあっという間に2本とられてしまいます。
3本先取で後がない板橋ザンギエフ選手はここから逆転できるのか?
いつもの笑顔を見せることができるのか?
是非あなたの目で確かめてみてください。





プロツアーも全出場選手が決定し、あとは2週間後の本戦を待つばかり。
各選手のやりこみや、対策、どういう作戦をたててくるのか。
2016年のスト5を締めくくる最後のトーナメント。
いまから楽しみです。


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

【漫画感想】源君物語 10巻(稲葉みのり)






週刊ヤングジャンプ大好評連載中の『源君物語』最新10巻が発売されました。
10巻には203話「初めてのハードル」から225話「背水の陣」までが収録されています。
9巻からの継続エピソード、華さんとの初夜から源君の誕生日、
そして次のターゲット源内典子が描かれています。

■源君物語9巻 紹介記事
http://0o0o0o0o0o.seesaa.net/article/436875525.html

■新しいターゲットの源内典子について
 紫雲歯科医院歯科医師 
 年齢は「源君の20歳以上年上」ということで40歳前後?
 自分好きのナルシストに見えるが、、、実は?
 モチーフは源典侍(げんのないしのすけ)

香子さんいわく『彼女の愛する「自分」以上の特別な存在』になれ、とのこと。
いままでにない高いハードルで成長を促される源君はどういった行動にでるのか?


10巻の見どころの一つは、新ヒロイン典子のエロティックさ。
年上ヒロインは多かれど、ここまでミステリアスでセクシーなヒロインはいませんでした。
源典侍の好色という設定が十分に生かされており、
源君と最初のプレイも非常にエロティックなものになっています。

そしてもう一つは、朝日でしょうか。
最初から登場しているヒロイン桃園朝日が活躍します。
源君が気になり、少女漫画のような反応を見せる様は
とてもかわいいです。
香子や典子との対比もあり新鮮に感じます。
また、1エピソード1ヒロイン形式をとっている本作で
珍しい継続登場ヒロインなので、今後どういう活躍をするのか楽しみです。
ヒロイン特別枠にいる香子と朝日のどちらがラスボス?なのか
これからも目が離せない作品です。






posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

【読書感想】美ちょうちょ図鑑





日本産のチョウとの出会いを「美少女」で楽しもう!
ただ可愛いイラストを見て楽しむだけでなく、本物のチョウの姿(標本や生態写真)や特徴も本格的に解説し、「身近にいるのに知らないことが多い」生き物にくわしくなるきっかけをつくる一冊です。

●参加イラストレーター
うりも/三田麻央(NMB48)/OrGA/蟹丹/ゾウノセ/七六/鍋島テツヒロ/ひそな/
ひなたもも/藤ちょこ/藤真拓哉/北熊/松田硯/マニャ子/もとみやみつき/ユウズィ(50音順)




本屋で一目ぼれして衝動買いしました!
豪華イラストレーターさんのかわいらしいイラストと、
自然のままの蝶の写真があわせて掲載されています。

美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…
美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…



25×21センチという大判サイズなので
綺麗なイラストも写真も細かいところまで見れますし、
作りも豪華に感じられます。

ちゃんと図鑑として、蝶の生態や羽の仕組みなども
細かく掲載されています。
ここらへんはすごくためになりますね。


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…




萌えイラスト集としても楽しめて、
図鑑としても楽しめる二度おいしい図鑑です。
2160円とちょっと値が張りますが、その価値はあります。
友人が遊びに来たら、見せたい一冊ですね!
本棚のラインナップに加えてみてはいかがですか。




   


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする