2016年11月17日

【読書感想】美ちょうちょ図鑑





日本産のチョウとの出会いを「美少女」で楽しもう!
ただ可愛いイラストを見て楽しむだけでなく、本物のチョウの姿(標本や生態写真)や特徴も本格的に解説し、「身近にいるのに知らないことが多い」生き物にくわしくなるきっかけをつくる一冊です。

●参加イラストレーター
うりも/三田麻央(NMB48)/OrGA/蟹丹/ゾウノセ/七六/鍋島テツヒロ/ひそな/
ひなたもも/藤ちょこ/藤真拓哉/北熊/松田硯/マニャ子/もとみやみつき/ユウズィ(50音順)




本屋で一目ぼれして衝動買いしました!
豪華イラストレーターさんのかわいらしいイラストと、
自然のままの蝶の写真があわせて掲載されています。

美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…
美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…



25×21センチという大判サイズなので
綺麗なイラストも写真も細かいところまで見れますし、
作りも豪華に感じられます。

ちゃんと図鑑として、蝶の生態や羽の仕組みなども
細かく掲載されています。
ここらへんはすごくためになりますね。


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…


美ちょうちょ図鑑 もしも、四季折々に舞うチョウが美少女だったなら…




萌えイラスト集としても楽しめて、
図鑑としても楽しめる二度おいしい図鑑です。
2160円とちょっと値が張りますが、その価値はあります。
友人が遊びに来たら、見せたい一冊ですね!
本棚のラインナップに加えてみてはいかがですか。




   


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【漫画感想】ぼくの輪廻 1巻(嶋木あこ)





潔癖症の新人漫画家乃木は夢に見たストーリーを連載している。
そこにその漫画のヒロインは自分だと言い張るアシスタント花撫が押し掛けてくる。
友人のアキラも巻き込んで、現世だけではなく前世から繋がる
不思議な関係の3人のエロコメディです。

『ぴんとこな』の嶋木先生の最新作は
うって変わって漫画家エロコメディという少女誌では珍しいジャンルです。
画風もだいぶ女性キャラを意識したセクシーに寄せている感じがします。
漫画家である現世描写と、漫画のストーリーの元になっている前世描写が
交互に繰り返される演出がスムーズに切り替わります。
この演出が非常に効果的で、バクマンなど
作中作がある先行作品をだいぶ研究されてるのだと思われます。

まだ、前世と現世、乃木が見ている夢が
どういう扱いになっているのか名言されておらず
今後明かされるのか楽しみです。

12月発売の2巻では、
新しいおっぱ女性キャラが登場するようで
ますます複雑に絡み合う人間関係とおっぱいに注目です!!









  


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする