2015年09月26日

【漫画感想】孤独のグルメ2巻(久住昌之・谷口ジロー)


 孤独のグルメ2



  何年待ったか、この2巻を!!


ということで、単行本としては久しぶりでも
ドラマなどで大人気の『孤独のグルメ』の2巻が発売されました。
ドラマは頻繁に放送してるので
あまり久しぶりという気がしないですね^^;

原作の久住先生は、『花のズボラ飯』をはじめ
多くのグルメ漫画原作を手がけており
どの作品でも独特の語り口調や
食に対する意識など、他のグルメ漫画と一線を画す内容となっています。


その原点ともいえるのが、本作『孤独のグルメ』です。
食を求めて独りで彷徨い、店に入り独りで食べる。
他の客と触れ合う描写がもっとあっても良さそうですが
それは無粋。
自分が食べたいものを自分で選び注文。
そして食う。食う。食う。
独白台詞は大いにありますが、
誰かと話すために食が止まるということはありません。
独りで食うということは、
目の前の食に向き合うことであると、
沈黙が雄弁に語ってくれています。

おでんやラーメン、煮込み定食など
これぞ男の独り食事だっ!と言わんばかりの
ラインナップ。

読むだけで空腹を誘います。
早くも次の食が、3巻が待ち遠しくなる1冊です。




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック