2016年09月06日

「描く!」マンガ展 〜名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ〜

川崎市民ミュージアムで開催中の
「描く!」マンガ展 〜名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ〜
を見てきました!
http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/drawing-manga/


内容は、
貸本や手塚治虫、赤塚不二夫、石ノ森章太郎など漫画生誕創世記の1章
あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎
という個性的な漫画表現をする作家とその技法を紹介する2章
漫画のこれからを示唆する3章に分かれています。
1章以外は撮影可能なのでスマホ片手にパシャパシャやりながら見てる方多かったですね。
自分も貴重な生原稿に興奮しながら、写真に、肉眼で、記憶にも記録にもしっかり収めてきました。

IMG_20160904_113246.jpg

ゴルゴとよつばのこの組み合わせの妙。


IMG_20160904_121222.jpg


竹宮惠子先生の生原稿。国宝級。


IMG_20160904_135002.jpg

PEACH-PIT先生のローゼンカラー原画。




IMG_20160904_133632.jpg

IMG_20160904_132758.jpg

IMG_20160904_125126.jpg


島本先生コーナーはなんか冷房の効きが悪かったような気が。
解説の文章も他の作家さんとは違うテンションでした。
そして、このプロットノートw


IMG_20160904_134803.jpg

IMG_20160904_134809.jpg

あずまきよひこ先生のよつばと原稿。


IMG_20160904_130406.jpg

顔の向きによって裏から描いているらしく
それがわかるように裏からも見れるように展示されていました。
こういうのいいですね。



あっという間の一周約2時間でした。
写真はまだまだありますが、
是非皆さんご自分の目で確かめて見てほしいです。
目が喜ぶとはこのこと。


また、田中圭一先生のよくわかる技法説明が素晴らしいです。
漫画表現の解説というのはなかなかまとまったものがないので
こういった形でお目にかかれるのはありがたい。
展示されている解説は、図録(1800円)に収録されていますので
図録はマストバイ!!


現在は、展示替えされて後期展示になっています。
前期行けなかったのが悔しい、と展示見て思いました。
9月25日まで開催しておりますので、是非ご覧ください。
漫画好きの方は必見です!!

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック