2016年10月29日

【漫画感想】新井理恵劇場 猫山さん 1巻(新井理恵)



新井理恵劇場 猫山さん 1 (フラワーコミックスアルファ)



新井理恵得意のエブリディマジック作品です。
いろんなシチュエーションに猫山ロシ夫という謎の猫?が
入り込むことでどうなるか、猫好きの作者だからこそできる
オムニバスギャグですね。

古くからの新井理恵ファンとしては最後のろまんが番外編
がうれしいです。
個人的に、ろまんがは新井先生ベスト3に入ります!
いま新井先生の連載は、ヨタ話と猫山さんの二本で
ストーリー作品は描いてないので、ろまんがのようなストーリーギャグ作品
も読みたいですね。

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443217426

この記事へのトラックバック