2016年12月03日

【漫画感想】ファイアパンチ 3巻(藤本タツキ)







これがジャンプ作品!?
展開予測不能の超異端作品『ファイアパンチ』の最新3巻が発売されました。

 ドマへの復讐を果たすためベヘムドルグへ向かうアグニたち。
 そこにはトガタが仕込んだ凶悪な祝福者が待ち受けていた。
 だが、突如アグニの心を支配したある決意により、トガタの計画は崩れ去り!?



アグニが主人公に戻ってきた!?
トガタにうまいことコントロールされていた2巻からうって変わって
自分の意志をあらわにし、動き出しました。
少年漫画っぽい展開に回帰したようなカタルシスがありますが
2巻の展開からこれ予想できた読者いますか?
今後何が起こるのか、さらにわからなくなってきました。
現在ジャンプ+掲載分ではさらに新キャラも登場し
二転三転しながら、爆走する展開に。

まだまだ明らかにならない世界の謎。
想いを秘めたアグニはこれからどう行動するのか。
まだまだ予測不能の新しいジャンプ作品、ファイアパンチはどこに炸裂するのか、
行く末が楽しみな作品です。













posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444546515

この記事へのトラックバック