2017年01月28日

【漫画感想】ウメハラ FIGHTING GAMERS!6巻(西出ケンゴロー・梅原大吾・友井マキ)


51BfWNUf7SL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg



格闘ゲーマーのカリスマ、ウメハラの半生を描く自伝的作品『ウメハラ FIGHTING GAMERS!』の最新6巻が発売されました。6巻には stage41〜48と書き下ろし番外編が収録されています。
収録エピソードは
・ストUターボでの中洲ザンギエフとの激戦
・川崎の虎と出会うウメハラ
の2本です。


中洲ザンギエフ戦では、職人的な防御技術を元に築かれた絶対防衛圏をどう崩すのか
を戦いの中で考えながら実行する姿が印象的なウメハラ。
ガイルを使ってのDJ戦でも、同様の展開を強いられます。
通常であれば、飛び道具の打ち合いで絶対有利なはずの ガイルvsDJ で
粘られタイムアップ間際の攻防にて逆転されます。
作法通りの展開を許さない相手に対して
何を考えて何を実行するのか。
若かりしウメハラの考え方が解かるよいエピソードです。
この出会いがこれからのウメハラに影響を与えると思うと
今後が楽しみでもあります。



連載していたアプリ週刊ジョージアの終了に伴い
無料マンガサイト『ヤングエースup』に移動し2/7から連載再開するそうです。
新天地で繰り広げられるウメハラの活躍に、これからも目が離せません!








posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック