2017年02月11日

【漫画感想】間くんは選べない 1巻(板倉梓)


51kzil-fFmL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg



ガールメイキル』『すいもあまいも』などスリリングなストーリーで有名な板倉梓先生の最新作『間くんは選べない』が単行本化されました。


 26歳の童貞サラリーマン・間くんに、なぜか同時に2人、彼女ができた!
 1人は取引先の美女・里見さん、もう1人は電車の中で助けた女子高生・鏡香ちゃん。
 二股をかけることは悪いと思いつつ、「すぐどちらかにフラれるはず」とたかをくくっていると、
 どうやら2人とも自分が大好きな様子。「どっちかなんて選べない! ! 」




包容力のある里見さんと、年下で純粋な鏡香ちゃん。
交互に繰り返されるデートやスキンシップで2人の違った良さが
押しては返す波のように繰り返され増幅されます。
初めて彼女ができた主人公 間(はざま)は2人と同時に付き合うものの
無意識に似たような行動をとってしまいます。

里見さんと代官山デート(提案はむこう)
別れ際にスキンシップ(初手むこうから)
  ↓
鏡香ちゃんと代官山デート(こちらから提案)
行き先も同じ
別れ際にスキンシップ(偶然&こちらから、むこう名残惜しい)
下の名前呼びになる
  ↓
●里見さんと飲みデート(場所決めはこちら)
スキンシップ時の 里見さん「も」オレに触れてほしいって、、、のモノローグ
  ↓
●鏡香ちゃんとデート
移動時は手をつなぐ
「好き」の再確認
  ↓
●里見さんと飲みデート
終電超えて自宅へ
行為中「好き」と口に出す
行為中 下の名前呼び



別の二人の女性と付き合ってるのに、間の行動パターンは2人を挟んで成長していきます。里見さんとのデートでの反省点を生かして鏡香ちゃんとの際に行動したり、スキンシップや関係性の進め方も。童貞男の成長記録とみることもできますし、すげぇゲスな行動だとみることもできますね。これがあまり明確に示唆されてないのは偶然なのか、もしかして伏線になってくるのか、、、。これに気づいた時、背中がヒヤっとしましたね。


上記の件に加えて、2人の彼女の存在を知っている人が別々(里見さん⇒広田、鏡香ちゃん⇒女性後輩)だったり、そもそも1巻ラストがああだったりと、怖い要素がてんこ盛りです。先が気になるけど、2巻を読むのが怖い、、、。







posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446880502

この記事へのトラックバック