2017年01月26日

【漫画感想】トモちゃんは女の子!4巻(柳田史太)



51bvEngr1sL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg





 トモ、ジュン、みすず。小学校時代の3人の出会いは…? 
 目指すは優勝、相手は学校最強! クラス対抗球技大会!! 
 季節は夏、夏といえば海! 海辺でトモとジュンの距離が急接近!? 
 好きな男子(ひと)に「女の子」として見られたい!! 




星海社のマンガサイト【最前線】で連載中の
トモちゃんは女の子!』の最新4巻が発売されました。

今回は何といっても水着回!!
トモ、みすず、キャロル、ジュンの4人で海に行くことになり
まずは水着を選ぶところから考えるトモ。
そしてトモの水着姿やほかの男の目を見て、
ジュンの気持ちは、、?


トモの気持ちはわかりやすく真っ直ぐに向いているのですが
みすずやキャロル、そしてジュンの気持ちは複雑なのが
本作の面白いところです。
4巻の海エピソードではそれが如実に表現されました。
トモのことをそれなりによく思っているジュンですが、
昔からの友達としての関係を維持したい気持ち、
異性として見てしまっている気持ち、
異性として見てしまっている自分に戸惑う気持ちなど
様々な感情が複雑に交差します。
みすずやキャロルはそこらへんを感づきながらも
2人をからかい、後押しし、応援しています。

わかりやすいギャップ萌えの裏に隠された葛藤を楽しむのも
この作品のお楽しみポイントです。








posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【漫画感想】ハイスコアガール 7巻(押切蓮介)



61+mD2HQ1IL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg




 『SS』? 『PS』? 『PC』!? 
 そんな覇権を争っていた古き良き家庭用ゲーム発展の1996年。
 腰パンチーマーがオヤジを狩りゆく封鎖された渋谷で、ふたつの恋路が交差した──。



ハルオがホームの溝の口に居にくくなってなんとなく渋谷に居つくようになるシーンは
ゲーセンコミュニティあるあるなので懐かしかったです。
ジェネラル倒して認められるシーンがあとの伏線になっていたり。

後半ガッツリ攻めてくる日高をかわし続けるハルオだが
最後のヒキでついに!?
というかなり続きが気になる展開に。
単行本派の読者もつい掲載誌を読みたくなっちゃいますね。
個人的には、ここまで攻められると日高のこと気になっちゃいますね。
いままでここまで攻めてくる負けヒロインが存在したのか!?
ここまで来たら当確でしょう!?
大野ファンは、ここからどう動くのかが
次巻の楽しみになるんじゃないでしょうか。

今回は恋愛模様描写が多いため、いつもより少しゲーム成分薄目でしょうか。
人間関係のやりとりやイメージでゲームキャラをつかった演出がありますが
当時のゲームあるあるで楽しみたい方には物足りないかも。









posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

【漫画感想】衛府の七忍 3巻(山口貴由)



61d1-A0LlfL.jpg



チャンピオンRED大好評連載中、『衛府の七人』の最新3巻が発売されました。

 現人鬼 波裸羅(あらひとおに はらら)の罠に立ち向かうカクゴと伊織。
 桃太郎によって語られる衛府と端麗人(きらぎらびと)。
 新たな忍法、新たな怨身忍者。
 続々出現する不可思議の連続に読者は耐えられるか!?



山口貴由の真骨頂、現代マンガに失われつつあるエログロバイオレンスが炸裂しっぱなしです。
古くて新しい言語感覚と劇画タッチの作画。
この時代にこのマンガを描けるのは山口先生しかいない!と
大声で叫びたくなる描写がこれでもか!これでもか!と続きます。
そしてついに、ついにシグルイのあの人も登場します。
奇奇怪怪な敵キャラに、波裸羅の動向など
気になるポイントが多すぎて脳みそがついていきません。


山口先生のあとがきからも今後の期待が高まります。
怨身忍者が七忍揃ったらどうなるのか、、、
バイオレンスに彩られた王道時代劇。
これからの展開に目が離せません。
















posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする