2013年10月26日

【出来るだけネタバレなし感想】魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語

madoka.jpg


横浜ブルク13で0時公開見てきました。

11時半に着いたら物販が長蛇の列。
するっと抜けて入場しましたが、
物販が0時開始らしく、物販だけに来られた方も多そうでした。


では、本編感想。
できるだけネタバレなし、ですが察してしまう感じになると思います^^;





映像のクオリティがっすっごく高く、
無駄に動く戦闘シーン。
魔法少女のかわいい部分をしっかり描き出した戦闘シーンはいいですね。
映像的に、動きを浴びて本能的に目がうれしいシーンが多いです。

前回では途中退場してしまったマミさん、さやか、杏子にも
後半まで見せ場が多く、ファンもうれしいでしょう。

展開的には、人によっては前半は読めるかも。
自分は途中でわかっちゃいました。
後半も冷静になれば想定の範囲内なんだけど
それより、わかってても驚かせる威力の高さ。


映像としての情報量と流れてくる感情の多さから
2回、3回と見たくなるでしょう。
というか、1回で全部しっかり受け止めて処理できる人は
少なさそう^^;

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

今期のアニメ(2013秋期)1話感想メモ

1話視聴時の感想メモ。
ファーストインパクトなので
今後変わる可能性が高いです。


■キルラキル

トリガー独立後、TV放映の第一作。
ぐにょぐにょ動くし、その動きの熱量に見合ったキャラと脚本。
昭和っぽいとも古いともいえるけど、ただ古いだけじゃないのが新しい。
島本和彦とは別のアプローチの熱血パロディ。
今期大本命。


■ガンダム ビルドファイターズ

子供むけの皮をかぶった、子どもも楽しめる大人向け。
ケロロ軍曹をイメージすると分かりやすいかも。
1話最初に出てきた、主人公一家が軽軽するガンプラ屋に
ガンプラ買いに来たお父さんと小さい男児が
まさにメインターゲットなのかな。
お父さんも子どもとガンプラの話しつつ楽しめるのはいいだろうな〜。

ネタバレはしたくないのだけど、いろいろ話したいことが多くて困るww
主人公のショタ力の高さとか、ガンプラバトルのシステムとか
サザキくんのウザかわいさとかw


■IS

シリアスストーリー部分を5分くらいしかやらないで
残り全部、お洋服買いに行く⇒メイド喫茶バイト⇒プール⇒夏祭り
注ぐ展開。
一話で視聴者に「ISはこういうもんです」
説明にするにはベストな気がする。
来週新キャラ投入だけど
余計なストーリーは動かさないでずっとプールに居よう!!


■WHITE ALBUM2

ホワルバ2は初めてだったんだけど
続きが気になる感じ。
あと、あの曲流れるととりあえず感動しちゃう。
鬱展開にはならないでほしい。
主人公の作画が伊藤誠に似てて不安になるw


■ゴールデンタイム

原作を少し読んでるのでアニメにすると、こんなんかーみたいな感じ。
堀江の香子はなんかめんどくさそうなオーラが出てる。
とらドラ!より、リアル寄りな話なので
それが受け入れられるかどうかが見所。
とらドラ!もアニメになってだいぶ雰囲気変わったので
ゴールデンタイムもそれに期待。


■機巧少女は傷つかない

あくまで一話の感想だけど、と前置きして

 ・主人公の思わせぶりトークにイラつかないか
 ・夜々がかわいいと思えるか

が焦点っぽい。
他のキャラがもっとかわいいのか、
ちょっと重め?のメインストーリーがどう展開していくのか
が今度楽しみかつちょい不安。


■世界でいちばん強くなりたい!

一話で作画が荒くてちょっと不安になった。
女キャラの顔と身体しか見るところがないせいか特に。

話が強引すぎて、コメント動画サイトでコメントと一緒に突っ込みつつ
見るのは楽しいけど、独りで見てると無常な感じになりそう。


■勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

おっぱい。
これから面白そうになる予感が全くなくて困る。


■てさぐれ!部活もの!

gdgdと直球命題ロボットアニメと同じ。
個人的にはアキバイエローが居るのがうれしい。
本編はラジオという噂も。


■てーきゅう

安定のてーきゅう三期。
相変わらず楽しいけど
1期2期通してみてきたせいか
少し飽きた気がする。


■ミスモノクローム

短い割に話があってしかも突拍子もないし
1話だけだと全然読めないww
短時間でほっちゃんとKIKUKOを楽しめるので
コスパいいかもw

■声優戦隊ボイストーム7

アニメじゃなくてVOMICとかそーいう系。






アルペジオ、のうこめは未視聴。
今期見る可能性があるのはこんくらいかな。
キルラキル と ビルドファイターズが素直に面白くて
ホワルバ2ISも続きが気になる感じ。
その他ラノベ原作も視聴継続すると思うけど
ファンタジーはあまり好きではないので
俺ガイルとか俺修羅レベルの個人的ヒットはなさそう。

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

【アニメ映画感想】劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 【完全生産限定版】 [DVD]


   劇場版とは関係ないけど、一番好きなDVDパッケージイラストです。
   あの花DVD3巻、つることゆきあつの表情がやばいw



昨日劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」見てきました。




できるだけネタバレしないようにがんばっている感想です。





TV版の再構成ながら、
新規カットと既存カットをうまく組み合わせており、
総集編映画にありがちな違和感は全くありませんでした。
TV版の要所要所を2時間にうまくまとめてあり
時間の都合がカットしなくてはならなかった部分も思い出させるような構成で
今からTV版を見直したくなりました。

6人の回想を中心に進んでいくのですが、
あなるの成長、葛藤、そして結論が物語の主軸に据えられていて
あなるが今まで以上に魅力的に見えました。

また あなる と つるこ のビジュアル変化が
内面、価値観の成長を表わしていて、
時間の限られた映像作品の表現としてすごくわかりやすかったです。
(ピンとこない方も多いでしょうが個人的には
 「ロボットアニメの主人公が二号機に乗り換える」
 ような印象を受けました。個人的には。)



TV版は毎回「secret base 〜君がくれたもの〜」がエンディングで
流れるので、パブロフの犬のようにそのたび号泣してましたが
今回は後半の、一番いいところに一回だけ流れます。
どうせ、最後にsecret base流れて泣かされるんだろ!!」と
思ってましたが、その通りに泣かされてしまいました。
くるか、、くるか、、、」と身構えていたところに
イントロが流れたときは心臓が跳ね上がるのを感じました。
ずるい。



ラスト、めんまを探しながらの「もーいーかーい」も
気が付いたら自分の唇が「も」の形になっているの気づき
映画館で「もーいーかーい」を絶叫するところでした。
はっと気づいた時は、身体が反応している自分に驚きました。


それくらい、感情も身体も持っていかれる作品でした。
一緒に見に行ったTV版未視聴の友人も非常に感動してましたし
TV版見てない方にも見てほしい作品です。
公開はあと2週間くらいだと思いますのでお早いうちに是非!!




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする