2013年09月21日

【格ゲー】MADCATZ UNVEILED JAPAN  その2(ウメハラvs Infiltration)




■ ウメハラ vs Infiltration

EVO、ストリートファイター25周年大会、
すべていいところでインフィルがウメハラを倒し
頂上に君臨し続けている。
ウメハラにとっては煮え湯を飲まされ続けた相手だ。
今回ウメハラは
豪鬼対策で、誰も見たことのない扉を開けた
と直前のインタビューで述べている。
先日のシェンとの10先でも10-0を見せており
対戦相手が決まってる長期戦は、ウメハラの真骨頂であるといえる。

序盤はウメハラが、評判通りのキャラ対策、
いつもののびのびとしたプレイを見せる。

 幾つものパターンの阿修羅つぶし
 相手の中脚つぶしの小パン
 間合い完璧の波動拳
 最強のグラつぶし大ゴス
 そして、ありがたいウメ昇竜


あっというまに5-0の展開である。
しかし、インフィルも25周年大会で
ルーザーズから6連勝で逆転優勝した経験がある。

対空瞬獄殺を2本決め、意地の一本を獲るインフィル。
しかし、ウメハラの波動拳があたる。
完璧に管理された間合いでの波動拳に手が出ないインフィル。
画面端の波動拳鳥かごから抜け出すには百鬼か瞬獄殺か、、、。
最後は、みなさんの目でご確認ください。








とにかく素晴らしい試合でした。

今回はトーナメント戦ではなく、こういった相手が決まっている
エキシビジョンマッチというのはまた新鮮でした。
特定の相手、キャラの対策を突き詰めたときに
どうなるかというのは、すごく興味ありましたし
今回、見せ方・興業として一つの形になったと思います。

主催のマッドキャッツ、
出場プレイヤーのみなさんありがとうございました。
また、こういう試合見たいです。


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【格ゲー】MADCATZ UNVEILED JAPAN  その1



■ ボンちゃん vs Ryan Hart

サガット同キャラ戦。
お互いタイガーショットの打ち合いから
ウルコン2をどう差し込むかが勝負のカギ
となる。
が、最初からウルコンミスを3連続し、
あっさりRyanのリードを許すボンちゃん。
後半なんとか調子を取り戻し3-3まで追いつく。
その後、なんとか先のリーチまでいくも
ウルコンを超反応で差し込み、追いついてくるRyan。

最後は4-4かつ両者1ラウンド取った完全フルセットまでもつれこむ。
そして最後にウルコンをねじ込むのは、、、、、






■ かずのこ vs Xian

ユンと元という、起き攻め能力の高い2キャラ。
かずのこユンのセットプレイ、
スパコンウルコンで相手を即殺できるシェンの元、
お互い早い展開で攻め合いになるかと思いきや、
意外と慎重にゆっくりとしたスタート。
攻めが強いキャラだからこそ、
一気に殺されないように、お互い慎重な立ち回りが続く。

試合が動いたのは4試合目。
1ラウンド目、圧倒的不利な状態から
ユンの前中Kに反応しウルコンするシェン。
そして2試合目は
かずのこのバクステを読んでのウルコン
いい流れで2-2に追いつくシェン。

元が対応しにくい雷撃からの攻めでラウンドを取るかずのこ。
元の強みであるウルコンを巧みに使いプレッシャーをかけるシェン。
若き天才たちの勝負の行方は、、、、








■ マゴ vs ふ〜ど

他の組み合わせと違い国内同キャラ対決。
EVOの頂点を獲り、その安定した勝ちっぷりから戦車の異名を持つふ〜ど。
スパ4で自他ともに認める知識全一ながら最近は大会で結果が振るわないマゴ。
しかし直接対決では、マゴの勝利が多く、
フェイロン同士という地味な絵になりがちだが見応えのあるマッチである。

小パ烈火、屈大P、セービングなどの差し合いが続く地味だが
手に汗握る展開が続く。
一進一退の攻防からふ〜どが一本目を獲る。
二本目は、投げと遅らせ熾炎など強気の攻めで獲る。
小パ烈火の差し込み精度で対抗するマゴ。

国内最強のフェイロン使いの二人。
最後に雄叫びを上げるのは、、、、





■ ときど vs Justin Won

ルーファスにも、ジャスティンにも自信があるときど。
7月のEVOでのアルカプなど、
逆転不可能と思われる状況からの奇跡の粘りをみせるジャスティン。
国際大会で何度も火花を散らしている二人である。

普段、アイスエイジと呼ばれる
斬空をメインにした徹底的にリスクを抑えた行動をするときどだが
今回は最初から果敢に攻めを見せる
一方、ファルコーンでの踏みつけが強いルーファス。
ときどは、立ち小パンでルーファスの飛びを落とす。
ときどのキャラ対策、ジャスティンの勝負強さが
一進一退の攻防を繰り返し、2-2の展開。

斬空での冷静な立ち回りと
徹底的な起き攻めを使い分けて攻める ときど。
中盤に重要な一本を獲る、3-2。
有利な立ち回りから起き攻めで殺し切る展開で4-2。
しかし、ルーファスは様々な状態から
ウルコンで一発逆転に賭けることできる。
そこを通してくるのがジャスティン。

システムの鬼とアメリカの英雄
最後に立っているのは、、、、。




posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 格ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

EVO2013 スパ4ベスト8直前 日本人4人インタビュー(ときど・sako・ウメハラ・ハイタニ)



5神がベスト4に残るという
奇跡のような展開。
そこで決勝トーナメント開催直前のインタビューです。
各選手の素顔が見れて、三者三様な感じが面白いですね。


優勝は誰のものになるのか。
楽しみです。
posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 格ゲー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする