2014年01月13日

【イベント感想】日本オタク大賞2013

来たる2014年1月11日(土)にロフトプラスワンで開催された
「日本オタク大賞2013」を見てきましたー。
http://www.granaten.co.jp/o_award/

各ジャンルのプレゼンテーターさんの
選んだトピックス一覧など、軽くメモ程度に。


■ゲーム:志田英邦
・GREE VS 任天堂
・PS4 VS XboxOne
・老害ゲーム VS ゆとりゲーム スマホドラゴンクエスト
・ジョジョ大炎上
・全国民が提督に!艦これブーム
・ノーコン VS トイボックス

ファミコンやゲーセンなどゲーム直撃世代がもう中年になる中で
ソシャゲ、スマホゲームという新しいゲームからゲームに入る層(ゆとり)との
関係性が面白かったです。



■出版・ネット:藤田直哉
・ナオキ大活躍
・杉井光 VS 橋本紡
・パーナさん騒動
・伊藤計劃 以後
・スティーブンキング「11/22/63」
・NSA米国家安全保障局が監視?!BAIDUもヤバい!

ネットというか「炎上」を取り扱う以上、
自分も炎上してしまう宿命を背負った藤田さんww


■映画特撮:ガイガン山崎
・俺たちの大怪獣ラッシュ
・俺たちのドリームワークス
・俺たちのNECA
・俺たちのワイルドスピード さらばポールウォーカー
・俺たちの北村龍平が‥‥
・みんなのパシフィックリム

盛り上げ方を知ってる、という感じ。
各トピックスの話でも、おもしろいエピソードをしっかり
わかりやすく伝えることで、客席の盛り上がりはすごかったです。
NECAのとこでは、プレデターとか全然知らない自分でも理解できたのはすごいなと。

6つ目「パシフィックリム」のところだけ
自分の感情の熱量が多すぎて、うまく整理して口から出てこない感じがあり、
そのギャップが面白かったww
1〜5のトピックスの話は、内容とか話す順番とか結構吟味してきたんだろうなという
計算、理論が先だったのに対して、
おそらく考えてきたであろう予定をも超える愛情によって口ごもってしまう展開。

M-1 2006優勝したときのチュートリアルの徳井みたいだったww
その時は「バーベキューに情熱を燃やす男」「ちりんちりんを大事に思う男」
という情熱がありすぎる人のおかしみを押し出した漫才でした。




■漫画・パチンコ:奈良崎コロスケ
・ヤンマガ大激震
・変化球な売り方、渋谷直角
・あぶさん の幕引き
・変態ラインナップ「漫画アクション」が充実
・漫画サンデー休刊、‥‥からの?
・史上初の競輪パチンコ CRギャンブルレーサー


漫画業界のその年話題になったことをしっかりもらさず説明してくれるので
毎年、奈良崎さんのトーク聞くのは楽しみ。
今年は、あぶさんの件、自分でもうすうす感じていたことが
漫画業界でもそういう予想?になっているのが知れてうれしかったw



■模型・おもちゃ:東海村源八
・模型業界、第五のナオキ・モデラーNAOKI
・ガンダムビルドファイターズ
・ガルパン、艦これ、アルペジオ 萌えミリブーム
・プラモ新興国最前線はウクライナ?
・待ってればなんでも出るプレミアムバンダイ
・大阪芸大にフィギュアコース


ある意味自分から一番縁遠いジャンルなのでいつも新鮮。
「スターモデラー」という言葉初めて聞きましたww
プラモ新興国の歴史、の話は普通に本とかで読みたいレベル。


■アニメ:前田久
・機動戦士ガンダム ほか大物BD-BOX発売ラッシュ
・風立ちぬ、かぐや姫の物語 公開
・アイカツおじさん大増殖
・蒼き鋼のアルペジオ、てさぐれ部活もの CGアニメハイエンドとローエンド
・どっちを向いてもニトロプラス
・進撃の巨人 大ブレイク

ジャンルの性質上、昨年からの繋がってどうなっているかというのが
すごく気になるし、それを踏まえて説明してくれるのでうれしい。
映画館でアニメを小規模上映するビジネスが、という話が
昨年まであったと思うが、それがついに今年花開いた。
しかし、今年花開きすぎて来年以降どうなるか怖いですねw
そんなに映画館に足を運ばない自分でも、あの花、まどマギ、といくつか行きましたし。

どっちを向いてもニトロ、の件では、虚淵さんだけじゃなく
その他のデザインなどでニトロプラスが活躍していたの知らなかったので目から鱗。



■その他:司会の宮昌太朗
・黒子のバスケ犯人逮捕
・KADOKAWA爆誕
・アル中病棟
・宮崎駿引退宣言
・ニートメタル
・小学館ビルの落書き

いつも以上に盛りあがって、脱線して司会の宮さん
大変そうでしたw
最終的に、一時間くらい押してたんじゃないかな。

どれも、各ジャンルにはなかなか入りにくいけど
話しないのはもったないトピックス。
個人的には、小学館ビル落書きが印象に残ってて
最後の投票もこれに挙手しました。


【個人賞】

ガイガン山崎「仮面ライダーフォーゼ超全集」
奈良崎「漫画アクション」
前田「サンジゲン」
藤田「又吉直樹」
志田「飯野賢治」
東海村「駿河屋」
宮「ニートメタル」

志田さんが今、飯野賢治の本に携わっているらしいので
ちょっと楽しみ。
あまりゲームクリエイターを追いかけた書籍って出てないので
あの飯野さんをどう、まとめるのかって
すごく興味あります。

参加賞提供の駿河屋さんも選ばれましたw
実は去年は100個で、退場清算遅れた自分は
もらえなかったので、今年のギラン・ドゥうれしいw




【日本オタク大賞2013】
パシフィック・リム

「各プレゼンテーターが4票ずつ持っていて投票する」というシステム上
パシフィックリムみたいな「これはとりあえず一票入れざるを得ない」みたいな
作品が勝ちやすいのは仕方ない感じ。
運営もプレゼンテーターもわかっていたけどこうなっちゃう、みたいなこと言ってましたねw





これ読んで気になるトピックスなどあれば
是非、ニコ生のタイムシフトや、今後出るであろう書籍版を
チェックしてください!!


posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

【イベント感想】A&Gオールスター2013 

10月20日、パシフィコ横浜で開催された「A&Gオールスター2013」に参加してきました。

数々のアニラジ番組を誇る文化放送A&Gゾーンの
人気番組を集めた年一回のお祭りイベントです。
今回はコラボレーションをテーマに
様々な番組がコラボして、他番組の出演者もちょくちょく手伝うような
感じで進行していきました。


■ラフなココロでひなたぼっこ
 阿澄佳奈、戸松遥、寿美菜子


最初からだいぶフワフワしてましたww
戸松さんと寿さんに囲まれてる阿澄さんが
なんか面白かったw
阿澄さんのオチ能力の高さを存分に使った構成。

三人とも、いろんな現場で一緒になっているそうだが
フリートークとかあんまりしたことなさそうな感じ。
セカツヨ(放映中アニメ「世界で一番強くなりたい」)で共演中を
押していく戸松阿澄。
そして戸松と寿がスフィアなのでスフィアに入ろうとする阿澄w

季節外れのスイカ割りで
目隠しされた戸松を声でナビゲートする寿さんと阿澄さん、そして会場のお客さん。
戸松さんの渾身の一撃が空ぶった瞬間、寿さんと阿澄さんがこっそりスイカを破壊w
そして、戸松さんには「割れたよwwww割れたwww」とウソつく二人。
会場全員の気持ち(ただし戸松は除く)が一つになった瞬間でした。


結構、通常ラジオをもとにしたような?
すわってトークが多い内容だったので
今度もこういう展開かと思ったのですがそれはミスリードでした。
と、次の番組で思いしらされます。



■杉田智和のアニゲラ!ディドゥーン
 杉田智和、マフィア梶田、石川界人、小野賢章、逢坂良太 など


杉田考案、いろんなところでやっているイケメンボックス。
いわいる5W1Hを引いてランダムで組み合わせる遊びです。
最後にその設定でいう台詞を引いて
カオスな状態でその台詞を叫ぶ。

アニゲラはコラボさせてもらえなかったので
勝手にゲストをブッキングしてきたらしいw
4日前に呼ばれた小野さんを始め、新世代の主役級男性声優ばかりで
杉田さんの交友関係の広さ、人徳の深さに感心したw

オチの森久保さんも含め、
会場のみんなが手を打って笑えるいい時間でした。



■高垣彩陽・早見沙織のハレすた♪
 高垣彩陽、早見沙織


二人で朗読劇、舞台も小道具も使ってほぼ演劇、をするステージ。
名探偵の二人でなくなった下駄を探しに文化放送へ、、、。
最初の不自然(笑)な番組紹介がいいフリになっていて
すごくわかりやすい構成でした。
前ステージに続いて杉田さんが警備員役でちょくちょく出てきてたw

・2分で都道府県パズル完成
・下駄を投げて横を出す

などのチャレンジを繰り返し、
失敗するたびふりすたジングルを言わされる二人!
そしてたどり着いた結末は!?

というシリアスな感じはまったくなく(笑)
高垣さんの元気さ、強引さと
はやみんのアドリブ力、フォローのうまさが光るいいステージでした。



■逢花私立RADIO 4 Gamer学園
 岡本信彦、マフィア梶田、逢坂良太、花江夏樹


しこりんの取り合い(茶番)のために
マフィアvs逢花のしこりん大喜利対決。

・しこりんが甘いものの次に好きな物
・しこりんの写真集タイトルのボツ案


というお題にこたえる3人。

・しこりんが甘いものの次に好きな物
 ⇒むかしの自分

・しこりんの写真集タイトルのボツ案
 ⇒岡本信彦といくマジックミラー号の旅


という花江さんの素晴らしい回答を
完全ド下ネタで返すマフィア。
やはり逢花の二人の回転力、破壊力に勝てず
スーパーしこりんくん(10代の頃のしこりんの写真)
は2つとも逢花へ。
2シコシコポイントを得た逢花の勝利でしたw



■ちょっとア時間よろしいでスパ
 鷲崎健、浅野真澄、矢作紗友里、佐倉綾音



ちょっとお時間〜でいつもやっているコーナー
「矢作さんが怒っている件」をアレンジした
矢作さん以外も怒っている件」から始まり、
他のコーナーもやるのかな、と思ったところ
スタッフにキレていた出演者が逆に訴えられる
ア時間裁判」が始まりましたw

・矢作
 イタリア旅行の話したくて番組の構成を変えさせようとした

・佐倉
 矢作の乙女ゲーから目を覚まさせようとした

・浅野
 スタッフにセクハラツイート強要


こうまとめると、佐倉さんのは間違ったことをしてないように見えますが
「被告人が有罪になると、スタッフしか知らない秘密をバラされます、わかってますねみなさん?」
という鷲崎さんのリードにより、結果を握るお客さんはもちろん有罪判決!!
ここに書くのもはばかられるような恥ずかしい秘密を
3人ともバラされていましたww



最後は、出演者全員による意識調査トーク。
「今日の出演者で一緒にラジオやりたい人がいる」
「ぶっちゃけ絡みにくい出演者がいた」
などの質問に
誰かわからないけど人数がでるボタン(鷲崎談)を押して
トークする感じです。

どうしても話を持って行ってしまう杉田、梶田あたりだけでなく
話を回そうとする鷲崎さんが印象的でした。
あと自分が連れてきた新人を紹介する感じの杉田さん。
やはりこういうひな壇フリートークは
得意不得意が出るので難しいですねー。
寿さんに話振って「何の話でしたっけ?」と
スルーされる鷲崎さんの苦労は忘れません(笑)


各ステージはもちろん、最後の全員集合トークもう少し聞きたかったですね。
といっても休憩10分だけで4時間の長丁場。
観覧者も出演者、関係者のみなさんもお疲れ様でした。


一番頭に残っているのは、
意外とメッツコーラTrefleのPVかもしれないですww

posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

【イベント感想】オタク大賞2012 に行ってきました!

1月12日(土)ロフトプラスワンで開催されたオタク大賞2012 見てきました!
http://www.granaten.co.jp/o_award/


■東海村源八(担当:模型、フィギュア)
・ワンフェスカフェ閉店
・3Dプリンタ元年
★宇宙戦艦ヤマト2199
・ガールズ&パンツァー大盛り上がり
・中国空母vsオスプレイ
・駿河屋の無限在庫


■奈良崎コロスケ(担当:マンガ、パチンコ)
★卯月妙子さん『人間仮免中』
・ドラマ『幸せの時間』
・まんしゅうきつこ
・テラフォーマーズ
・ぱちんこAKB47
・今日は会社を休みます


■藤田直哉(担当:活字とネット)
・ネットにも政治の季節
・ペニーオークション問題
・絵師の権利問題
・電子書籍
・日本SF界に夏到来?
・キャラノベ
★マック赤坂さんとその付き人さん


■前田久(担当:アニメ)
・アイドルアニメブーム
・エヴァQ、ワンピースZなど劇場アニメ
・ゴティックメード完成
・スマイルプリキュアと日曜じゃんけん戦争
・てーきゅう、ガッ活などのショートアニメ
・CGアニメ会社「サンジゲン」
★ねらわれた学園


■ガイガン山崎(担当:特撮、映画)
・特撮博物館
・俺たちのマスター・サカモト
・とびっきりの最強対最強『アベンジャーズ』&『エクスペンダブルズ2』
・俺たちのダン・オバノン
・POV映画の夜明け
・俺たちの前田敦子
(番外編)
・ザ・松田 ブラックエンジェルズ
★清水富美加


■志田英邦(担当:ゲーム)
・パズドラ一人勝ち
・リアル脱出ゲーム
・Wii U 発売
・オンラインゲームの終わり方 DQXとFF14
・ディスオナード
★3D スペースハリアー


■藤津亮太(ノンジャンルや他担当から出なかったものなど)
・ロボット・レストラン
・東京スカイツリー開業で東京のローカル局TOKYO MX躍進
・北の国から2012
・黒子のバスケ脅迫事件
・レコ大、死に体
・明暗 孤独のグルメVS花のズボラ飯
 (★ ドラマ孤独のグルメ)


【大賞ノミネート】
「ロボット・レストラン」
「ザ・松田 ブラックエンジェルズ」
「ゴティックメード」
「特撮博物館」
「俺たちの前田敦子」
「キン肉マン」
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
「駿河屋 無限在庫」
「FF14」

投票の一票で僅差をものにしたのは「ザ・松田 ブラックエンジェルズ」でした!

各担当委員さんから、6つの作品・出来事などの発表があり
そこから9つがノミネート、各委員と会場票を集計した結果でオタク大賞が決められました。
(★は個人賞です。当初発表した6つのトピックス以外から選出されているのもあります)


ニコニコ生放送で配信されましたので、
タイムラインでまだ見れます!
■ニコニコ生放送:オタク大賞2012
http://live.nicovideo.jp/watch/lv122003524?

上記のトピックスに興味持った方は是非見てください!
トピックスの内容、挙げた理由などはあえて記事にしませんでした。
動画で、各委員さんのトークで味わってほしいので^^
(そしてできれば来年はイベントにお越しください!)

トピックス以外にもいろいろと興味深いもありました。
2012年のオタクニュースを総ざらいという点でも
非常に面白かったイベントでした。

今回は、初登場のガイガン山崎さんが
話術巧みかつインパクトのあるトピックスで
大いに会場を沸かしてくれました。
マスター・サカモトや前田敦子、松田の
エピソードはすごかったですねwww

ただ、今後オタク大賞が
"各委員による会場の盛り上がりを競うイベント"になっちゃわないかという若干の杞憂がww
委員さんみんなそういうキャラじゃないし大丈夫かw
個人的には、各業界の今後を見据えた、それにまつわる現象や企業などの真面目な話も興味深く、
どんどんしてほしいのでバランスのよいトークを期待します^^

せっかく年明けにやるんだし、
各ジャンル業界で今年はこうなる?orなってほしい?とかの話があるとうれしいですね。
各トピックスの中に混ざってはあるのですが
独立してちょっと話してほしいなぁ。
それを翌年のイベントの時降りかえってみるのも面白そう。
以前、前田さんが話した「単館系劇場版アニメビジネスの芽」がだんだん花開いていって
今回2012年に繋がっていったりと各ジャンルの発展や変遷のようなものが見えそうなので。
ゲームでは、2011年ソシャゲ大流行⇒2012年コピー氾濫からパズドラ独り勝ち⇒2013年どうなる?
マンガでは、童貞ブーム⇒2012年喪女ブーム、活字では2012年が夏になるSF界が13年どうなるか、
などなど、興味は尽きません。



また、さっそく15日にオタク大賞マンスリー「オタク大賞大反省会」があるようなので
配信見たいと思います!(行きたいけどいけないのでorz)
posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする