2017年06月11日

初見の男性にこそキンプラを見てほしい ≪KING OF PRISM -PRIDE the HERO-≫


 無題.jpg



6/10公開『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』をさっそく見てきました。初日だし混むかな、女性陣が満員の中にもぐりこむのはいささか気が引けるな、とかいろいろ考えたのですが、我慢できずに見に行くことに。夜しか時間が取れず、TOKYO MXで19時から前作キンプリ特番を放映しているのと被るから見れないなぁと悩んでいたところ、映画館近くのネカフェで見てそのまま映画館へというウルトラCを思いつき実行しました。人間、真剣に悩むべき問題に直面すると脳が活性化しますね。

ネカフェの個室でヘッドホン装着し、キンプリを視聴。うわああ、これこれ、これだよ、となんか孤独のグルメみたいなことつぶやきながら大興奮で、ネカフェを後にし映画館に向かいます。事実上の2作品連続上映会です。しかも、キンプリをこの特番で初めてみた友人が「これ続き見たい。いますぐ」と言って映画館に来たので合流。フットワークが軽い、いやキンプリが彼のフットワークを軽くしたんでしょう。プリズムのかがやきにいざなわれた30代男性2人が目をキラキラさせながら、土曜夜の川崎シネチッタに降り立ちました。




何を言ってもネタバレになりますし、何よりできるだけ新鮮な気持ちで見てほしいので、少しでも気になった方はすぐにでも映画館に足を運んでほしいです。プリティーリズムなどの設定を使ったファンに嬉しいところが多く、逆に新参者に厳しいとも言われていますが、自分はそんなに感じませんでした。自分は前作キンプリとレインボーライブだけしか知らないので、オーロラドリーム・ディアマイフューチャー(やその他)に関わる部分は気が付けなかったと思うのですが、それはそれで楽しめました。そこの関連性を知らないと楽しめないシーンはほとんどないように思えます。歌とダンスの圧倒的なスピード感があるので、そんなの考えている暇ないからです。おそらくレインボーライブ繋がりネタもせいぜい半分しか拾いきれてないでしょう。関連ネタ拾いは、この作品の本質ではないと思います。

それより圧倒的な映像美、キャラクターたちのプリズムのきらめきがスゴイんです。正直、前作をこの点で超えるのは難しい、似たような感じだとファーストインパクトは超えられないだろうと心配していたのですが、全然そんなことなかったです。当たり前のように100倍くらいにパワーアップしてました。


 ≪ここがこうスゴイ!みたいな文章を10行くらい書いてからさすがにネタバレが過ぎるなと消しました≫


とにかく多くの人に見てほしい作品です。女性向け扱いされていますが、男性もかなり楽しめます。男キャラしかいないのがやだ?大丈夫です、性別とかあんまり気にならなくなります!!みんなかっこいいしかわいいんです。 アイドルライブとか軟派なのは嫌い?大丈夫です、すんごいバトルシーンがあります!!バトルシーンだけ抜き出してPS4の最新ゲームって言っても通用します。 女性ばかりの中に混ざるのが恥ずかしい?大丈夫です、前作のヒットを受けて、上映館、回数もかなり増えています!! 特に応援上映や舞台挨拶回にコアな女性ファンが集中するので、通常上映だと男が紛れても不自然じゃありません。実際私が見た回も1割ちかくは男性でした。

キャラが男性ばかりで女性向けだから見ないってのは、もったいないです。この表現あまり好きじゃないのですが、キンプラなら言える!

 キンプラみないと人生損してる!!!


この映像を浴びる体験は、少なくともアニメ見てる人間だったら絶対に得るものがあります。是非、ネタバレされない熱いうちに、キンプラ味わってください。



posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

シン・ゴジラ DVD版・Blu-ray版発売!!


71rXtC3DtEL._SL1500_.jpg




2016年を席巻した庵野監督が生み出した新しいゴジラ『シン・ゴジラ』の円盤が発売されました。

シン・ゴジラは、圧倒的な情報量で構成されており、一度や二度ですべてを理解することは難しく何度劇場に足を運んでも新たな発見がある作品です。円盤発売により、好きに再生&巻き戻しできる環境で、チェックできるようになります。気になるところを何度も繰り返し再生したり、画面の端など見逃しやすいところをに注目したり、
シン・ゴジラを隅々まで楽しむことができます。
早くもツイッターのフラゲ組からは「○○すげぇ!」「○○気が付かなかった!」という叫びが!
作中に使われた報道映像など細かい設定まで感じ取ることができ、掘り起こしても掘り起こしても尽きることのないシン・ゴジラの世界観を味わえます。

特典映像も豪華でスペシャル特典DISCには、
・メイキング ・アウトテイク
・プリヴィズリール ・プリヴィズアウトテイク
・CGメイキング

が収録されています。
アウトテイクは本当に見てて楽しいです。
庵野監督が何を撮り、何を取捨選択したのか。
限られた時間で私たちに何を伝えようとしたのか。
そういった葛藤が垣間見える気がします。

昨年発売の資料ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
と合わせて見るとまだまだ発見がありそうです。
私たち人間がシン・ゴジラを倒せる(しゃぶりつくせる)日は、はたしてやって来るのでしょうか。





    







posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

【映画】咲-Saki-

IMG_20170208_175357.jpg



映画の『咲-Saki-』見てきました!
池袋行く用事があったので、時間調整してシネマ・ロサへ。
平日の16時開始なこともあって、結構空いてました。
学生さんっぽい男性がまばらに居たくらいですね。


個人的には大満足でした!
以下見どころ。


■役者さんがスゴイ!

TVドラマ版を未視聴で行ったので、
キャラがどんな感じになっているのか全然知らない状態でした。
ポスターとかのビジュアル見る感じでは、アニメアニメしい制服や髪型のキャラ(特に龍門渕)はどうしてもコスプレっぽく見えるなーくらいの感想で。

映画が始まってみると、最初あった違和感もどんどん気にならなくなります。何がスゴイって、声の演技なんです。TVドラマ時に話題になった廣田あいかさん(片岡優希役)のくぎゅボイスはもちろん、加村真美さん(福路美穂子役)の堀江由衣っぽい抑揚の付け方とか、あのさん(東横桃子役)の斎藤桃子と聞き間違いそうな演技とか、アニメ版のCVをイメージした演技・声質の役者さんが多いんですね。実写咲見る人はだいたいアニメ経験済だとすると、これは非常に入りやすいです。

自分は、よくこんな声似てる役者さん集められたなーと感心しました。声質だけじゃなく演技までアニメCVに寄せているので、ちょっとびっくりしました。


■演出がスゴイ!

映画では、短時間で長野大会決勝が描かれる都合上、若干ハイペースに進んでいきます。5人×4校=20人いる出場者やその他登場人物の説明、大局中の状況説明など情報量が多い中、咲の世界観に合わせた演出で違和感なく理解を促しています。視聴者をしらけさせることなく世界観を維持した演出にするのは、アニメ⇒実写化する中で大事なポイントです。


■団体戦がスゴイ!

各校の繋がりを感じられる麻雀団体戦というシステムが最高すぎます。
原作咲でも同じルールの団体戦が続いていますが個人的にはこの長野大会決勝が一番好きなんですね。
部長と咲というわかりやすい能力の2人が活躍するので能力バトルとしてメリハリがついていて、咲初心者でも理解しやすいですし、大将戦南四局ラストは咲至上最高カタルシスの展開を迎えます。

これは実写版というより原作要素になりますが、改変することもできたのに原作の良いところを理解し再現する方向でシナリオを構成したのは、原作ファンとしてもとてもうれしいです。


キャスティング、脚本、舞台道具など、様々な面で漫画&アニメ咲をリスペクトしていて、既存の咲ファンに向けて制作したのが伝わります。アニメの実写化は、まず原作ファンが主要客層だと思うので、このように原作リスペクト溢れる内容の実写映画が増えるとよいなと思います。



posted by 棚傘(たなかさ)都市(とし) at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする